2010年の「Lovely Halloween in かわちながの」は10月23日()・24()に行います。詳しくはこちら

過去のかぼちゃにっき
2010年
写真をクリックすると拡大します。




5月15(土)

お待たせいたしました!
今年もかぼちゃの栽培シーズンがやってまいりました。
今回も昨年に引き続き多くの方からのサポートをいただきながら河内長野市内でかぼちゃの栽培に取り組めることを感謝いたします。

まず、栽培に必要な肥料やマルチシートをご提供いただいたJA大阪南の皆さま、忙しい時期にもかかわらず毎年この時期に耕運機で畑を耕していただける門林さん、この場を借りて厚くお礼申し上げます。


【写真上】
昨年と同じ場所でGW前に門林さんに耕していただきました。2週間以上経つと草も薄っすら生えてきております。この程度の草なら耕運機に、からまることなく耕せます。


【写真中】
この事業にご賛同いただき、毎年JA大阪南さんからご提供いただいております。このイベント通じて南河内の農業発展の為に微力ながら貢献していきたいと強く感じます。このイベントで子ども達に地元の野菜の美味しさを感じてもらうためにも頑張るぞぉ〜!


【写真下】
毎度お馴染み門林さんです。専業農家の方はこの時期本当に忙しいはずなのに、毎回駆けつけてくれるのは、地元愛が強く、また子ども達への愛情が深い方だからなのです。よく小学校などで農業体験教室をひらかれているその活動精神に敬服いたします。





5月18日(火)

前回でJA大阪南さん、門林さんのサポートについてご紹介させていただきました。今回は引き続きサポートいただいてる方達のご紹介です。
畑に肥料を蒔いて土を耕し、畝を作った後の作業・・・ここからがさぁ大変!人手が本当にいる作業の連続なのです。そこで今年もお願いする事になったのが、菜園クラブさん!ここのメンバーの皆さまも毎年忙しい中、また暑い中、多数のメンバーで応援にかけつけてくれます。


【写真上】
本日は朝の9時からの作業。日差しが少しきついですが、皆さま精力的に動いていただいております。


【写真中】
作業時間は2時間程度でしょうか。これだけ大勢の方で作業していただくとあっと、いう間に完了です!高


【写真下】
皆さま、本日は日差しのきつい中ご協力有難うございました。おかげさまで、今年もかぼちゃ栽培に関し、順調なスタートがきれました。夏の終わり頃にはたくさんのハロウィーンかぼちゃが収穫できることを願っております。

【今回ご参加いただいた菜園クラブの方々(敬称略)】
斉藤晴美、船谷和生、松野冨美子、樽口 保、麻植陽子、青木正信、青木洋子、別所 忠、辻野節子、大野善三、渡辺勇一、白石弘子、真期淳一、堀江龍樹、高田敏洋、田中驕A武中照夫、小笠原匡、飯田耕平、松元嘉夫、田中 裕、安田芳郎、西村宏己、池田京子、西山聡子、鳥 文子、松井延子、野中亮次郎 以上28名の皆さま本当にお疲れさまでしたぁ〜!

5月25日(火)

今年は苗を育てて定植します。今までの経験から、やはり種からより苗を育ててから定植する方が収穫量に違いがあると感じました。このようにラブリーホールの敷地内で育てると毎日観察できるのがいいですね。

6月8日(火)

大きく育っている苗はハロウィーンかぼちゃの苗です。2週間も経てばご覧のように大きく育っております。畑の方はいつでも準備ができているのでそろそろ定植に行きたいと思います。


6月15(火)

本日の天候は雨の予報だったのですが、幸い午前中は曇り。ハロウィーンかぼちゃの苗が60株あまり・・・。う〜ん、、、今にも雨が降り出しそうな空模様の中、大急ぎで作業を開始!


【写真上】
ホールの敷地で育てているときは大きく感じたのですが畑に定植するとご覧のとおり小さいです!この苗が順調に育てば1ヶ月後には信じられないような大きさに育ち、2ヵ月後にはこれまた信じられないような鮮やかな色のハロウィーンかぼちゃを実らせてくれます。


【写真下】
最後の「残り5株で終了〜!」っていう時に大雨!でも、おかげで定植後の大事な水やりの手間が省けたので感謝をしなければなりません。と、いうことでほとんどの作業が無事に終わりました〜!





6月17日(木)

ここは昨年から栽培を開始した河内長野の日野地区にある農地です。こちらでご協力いただくのは大阪府立花の文化園でご活躍されているフルルガーデン倶楽部の皆さまです。昨年は栽培開始が遅かったこと、準備時間がなかったこともあり、収穫が思うようにいきませんでした。なので、昨年の反省を生かし、フルルガーデン倶楽部の皆さまが作業日よりも前からしっかりと準備をしていただいたおかげで、今年は収穫できそうです!本当に有難うございました!


【写真上】
こちらは大きなトラクターが入りにくいところなので、ご覧のとおり手押しの耕運機で畝を作っていきます。ひもを張っているいるのは、畝がいがまないように耕運機を真っ直ぐに押していくためです。真っ直ぐ耕運機を押す・・・これが意外と難しいいんですよ。


【写真中】
こちらの農地もマルチシートを部分的に張りました。


【写真下】
皆さま、本日は暑い中、作業いただきまして有難うございました。今年こそこちらで立派なハロウィーンかぼちゃが収穫できることを願っております。



【今回ご参加いただいたフルルガーデン倶楽部の方々(敬称略)】
金子研吉、林治次、岡本邦子、安藤三生、福田久美子、ほか昼からも5名の方が応援にかけつけてくれました!本当に暑い中、長時間の作業お疲れさまでしたぁ〜!


7月2日(金)

定植作業をして2週間が経ちました。定植後の水管理などを怠ると一気に苗に元気がなくなり枯れてしまうので気になっていたのですが、雨も程よく降ってくれ水撒きには行かずにすみました。


【写真上】
順調に育っています。この苗はアトランティックジャイアントといって通称『おばけかぼちゃ』!おばけかぼちゃの苗にとって2週間という期間は劇的に生長しますね。このように順調に生長してくれると観察が楽しくなってきます。小学生時代のアサガオ観察に近い気分(笑)?


【写真下】
全体をこうして見ると順調に育っていますね!そして畝の間の雑草も・・・。



7月8日(木) その1

前回の報告から一週間経ちました。順調です!


【写真上】
7月2日での報告時と比べて葉がたくさんつきました。


【写真下】
この写真で前回の報告と比べると、かぼちゃより雑草の生長の方が早いです・・・。



7月8日(木) その2

6月17日にフルルガーデン倶楽部の皆さまと定植した日野地区にある畑です。今年は準備もきっちりしていたので、このようにりっぱに育っています。これからの生長に期待ですね!


【写真上】
定植して3週間。今年は肥料も畑全体に散布してあるのでOK!葉も大きく育ち今から収穫が楽しみです。


【写真下】
ご覧のとおり葉が立派に育っているでしょう!これはハロウィーンかぼちゃのものです。今年はハロウィーンかぼちゃをメインで育てています。夏が終わる頃にはたくさん収穫できればいいのになぁ〜!


7月13日(火)

週末の強風で畑が心配になり確認にくると、大変な事になっていました。かなり生長して根づいていると思っていたのですが、どうやら風の力の方が強かったみたいです


【写真上】
こちらはオータムゴールドといって通称『ハロウィーンかぼちゃ』です。かぼちゃのランタン作りに使用する物でサイズはスイカ程の大きさになります。今年はこの苗を中心に植え、夏の終わりにはたくさん収穫するつもりでいたのですが、この有様です・・・。


【写真下】
根が完全に見えてしまっていますね。おばけかぼちゃと違ってハロウィーンかぼちゃの葉は扇のように広がっていたので風の影響をまともに受けてしまったようです。この後、完全には抜けていないので土をかぶせるだけにしておきました。変にさわって根が切れてしまっては再生不可能になりますので・・・かぼちゃの生命力に賭けてみます。


7月21日(水)

天気が続きます!


【写真上】
春に今年の夏は冷夏という予報はどこえやら・・・。暑い日が続きかぼちゃより雑草のほうが生き生きとしている畑です。


【写真下】
ハロウィーンかぼちゃの実が
ようやく育ってきました。これから大きくなっていくと思います。今年の畑チェックは夕方ばかりでかぼちゃの花が綺麗に咲いているところをまだ見ていません・・・。





7月27日(火)

こちらは日野地l区の畑です。順調に育っているはずが・・・昨年にはなかった出来事が起きてしまいました!何と!イノシシが出た形跡が!


【写真上】
ご覧のとおり今年はハロウィーンかぼちゃの実がつきました。


【写真中】
根元付近を掘り起こされた形跡が・・・は、犯人は誰だぁ〜!


【写真下】
犯人はこれです。マルチシートの破れた足跡はきっとイノシシですね。う〜、、、昨年はイノシシが出た形跡はなかったのですが、今年は出てきましたね。来年はしっかりと対策をせねば・・・それより無事かぼちゃが生長するのかが心配です。





8月2日(月) その1

かぼちゃの実が日に日に大きくなってきています。色は徐々にオレンジのような色にかわってきますよ!


【写真上】
これはおばけかぼちゃの実です。これからどんどん大きくなってきますよ。3年前は60kgにまでなりましたから・・・。


【写真中】
いい形のハロウィーンかぼちゃの実がなっています。この緑色がだんだんとオレンジのような色に変わってくるわけです。この緑色だと雑草の茂みに隠れてあまりわからないんで


【写真下】
これは今年初めて栽培した「クラウンミックス」というかぼちゃです。王冠のような形をしているのでこのような名前がついたそうですよ。おもちゃかぼちゃと同じようなサイズでペインティング用にたくさん取れたらいいんですがねぇ〜。




8月2日(月) その2

こちらは日野地区です。先月にイノシシの被害が出てからのかぼちゃの発育がすごく心配になってかけつけました。


【写真上】
変わらずイノシシさんが出没している様子です。マルチシートを張っているおかげで足跡がくっきり残っております。


【写真中】
新たな実が育ち始めています。先月に確認したハロウィーンの実はどこへいったやら・・・


【写真下】
日野の畑でも同じように「クラウンミックス」のかぼちゃを植えています。こちらでもたくさん実をつけてくれたらいいのですがねぇ〜。





8月17日(火) その1

本日も快晴です。ここの畑は日陰がないので朝一に作業をしないと辛いんです。雑草の生長がかなりすごい状態でかぼちゃを探すのが一苦労しそうな畑です。


【写真上】
今年は雑草の手入れを怠ってしまいこんな状態です。近隣の皆さまにご迷惑をかけてしまっている状態で本当に申し訳なく思います。今日は時間が少し取れたのでこの後、少しですが手入れをしました。でもまだまだです・・・


【写真中】
こちら、おばけかぼちゃの実です。大きく育っています。大きさを比較する物を持ってきていないのですが、推定重量20kg程かな?


【写真下】
ハロウィーンかぼちゃが良い色に育っています。このきつい日差しの中、雑草が良い日よけになっています。少しくらいは役にたっていますね。


8月17日(火) その2


こちらは2週間ぶりの日野地区です。大変な事になっています!葉が急に枯れだしてかぼちゃの実が全然ありません。この2週間の間に何が起こったのでしょうか?


【写真上】
こちらの日野地区も雑草がすごい事になっています。雑草の間が枯れてしまっているかぼちゃの葉です。2週間前まではこんなにひどい状態じゃなかったのですが・・・。幹の根元を掘り起こされてしまったダメージと、この暑さと少雨の影響がこのような結果になってしまったのでしょうか?昨年と違って今年は苗も順調に発育しており、収穫が楽しみだったのですが、非常に残念でなりません・・・。


【写真下】
このように幹の根元が完全に掘り起こされてしまっています。2週間前まで実がついていたかぼちゃの実も何処へ?ジャガイモ、サツマイモなどはイノシシ被害にあうとは聞いていたのですが、まさかかぼちゃまでもが・・・

今回、良い色に実ったかぼちゃを5個収穫いたしました。その中でも特に優れたかぼちゃの写真がこれです。河内長野で栽培を始めさせてもらって4年経ちますが、ここまで綺麗なかぼちゃは記憶にありません。来週あたりから本格的な収穫を迎えますが、このようなかぼちゃがたくさん採れることを願っています。







8月30日(月) その1

今日は待ちに待った収穫の日です。8月17日の報告から少し草刈りをしたとはいえ、この状態ではかぼちゃを探すのに一苦労!


【写真上】
今日も朝早くから(早くでないと暑くて作業できない・・・)菜園クラブの皆さまが応援にきてくれました。いつも本当に有難うございます。8時からの収穫作業ですが、すでに暑い!皆さま水分補給は欠かさないようにしてくださいよ〜!


【写真中上】
雑草の中をかき分けてハロウィーンかぼちゃを運んでいただいています。暑い中、大変です!有難うございます。


【写真中下】
7月13日に報告した強風の影響もあって、予想より収穫数は少なめでした。収穫数が多ければ「かぼちゃのランタン作り」の参加者を追加募集をする予定だったのですが、、、残念です。でも今年はハロウィーンかぼちゃ中心に育てていたので他の種類のかぼちゃと交配する事が少なく、形の綺麗なハロウィーンかぼちゃがそろっています!


【写真下】
今日も本当に暑い中、ご協力いただきまして有難うございました。おかげさまで60個程のハロウィーンかぼちゃの収穫ができました。10月のイベントまで腐らせないように、涼しい場所での保管が必要になってきます。



【今回ご参加いただいた菜園クラブの方々(敬称略)】
斉藤晴美、青木正信、渡辺勇一、村井恵子、田中祥隆、飯田耕平、高村紀偉子、安田芳郎、西村宏己、松井延子、野中亮次郎

以上、11
名の皆さま本当にお疲れさまでしたぁ〜! 



8月30日(月) その2

さて、菜園クラブの皆さまと収穫した後はかぼちゃの保管です。これから「ラブリーハロウィーン」のイベントまでの2ヶ月を腐らせずに保管しておく事が重要なんです。今年も花の文化園さんにご協力をお願いいたしました。


【写真上】
今から花の文化園に向けて出発です。菜園クラブの皆さまにもご協力いただきながら、かぼちゃを傷めないよう、静かに運転です。アクセルをゆっくり踏み、ブレーキはソフトに、カーブもゆっくりと、これってエコ運転ですよね。日ごろからこの様な運転を心がけて二酸化炭素の排出を抑制しなければいけませんね。



【写真下】
花の文化園のスタッフの皆さまのご協力で展示もスムーズに完了いたしました。皆さま有難うございました。今年の夏は異常に暑いので10月下旬までかぼちゃが腐らないかが心配です。秋の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

9月12日(日) その1

かわいい、かぼちゃ3兄弟!このかぼちゃは8月30日に採れたおもちゃかぼちゃの一種です。あっ、誤解のないように・・・こんな顔して実ったわけではありませんよ(笑)!

【写真】
実はこれ河内長野の絵画教室アトリエTODAYさんに描いてもらった作品なんです。何も描いていないおもちゃかぼちゃだけでも可愛いのに、その上にこんなイラストを描いてもらったら癒されます。。。アトリエTODAYの前田先生をはじめスタッフの皆さま、本当に有難うございました!ただ今、ラブリーホールのサービスカウンターで写真のように陣取っております。 次回はハロウィーンかぼちゃに描いてもらった作品を紹介しますのでお楽しみに!
9月12日(日) その2

かわいい、かぼちゃ3兄弟に引き続いて第二弾!
これも河内長野の絵画教室アトリエTODAYさんに描いてもらった作品です。

【写真】
このかぼちゃはハロウィーンかぼちゃで8月30日に収穫したものです。この写真をクリックして大きな画面でご覧になってください。ドアをノックすると、かわいいイラストが次々に出てきますよ〜  ただいまラブリーホールで展示中です!!
10月15日(金)

8月30日に報告させていただいた花の文化園で保管(展示)していただいているかぼちゃです。数が減っている覚悟(猛暑で腐っている)でドキドキしながら確認に行かせてもらったのですが、そんなに数が減る事もなくご覧のようにきれいに展示されていました〜!花の文化園のスタッフの皆さま、そしてフルルガーデン倶楽部の皆さま、この場を借りて厚く御礼申し上げます。涼しい屋内できっちりと管理していただいて本当に感謝です! 




10月21日(木)

本日は長い間、お世話になった花の文化園からラブリーホールへのお引越しです。無事にこの日まで傷むことなくこれだけのかぼちゃを保管(展示)していただいたことに感謝です。明後日のランタン作りに向け、これから準備にとりかかります!


【写真上】
軽トラックの荷台に敷きつめられたかぼちゃたち。おおきさ、かたち、いろ、どれ一つと同じものがありません。ここから更にランタンを作っていただいて、世界でたった一つの自分だけのランタンが出来上がるわけです。栽培した私たちが楽しみなのはこのかぼちゃがどんなランタンに変わるのか、そして親子共同作業で楽しくランタンを作っているその様子、このかぼちゃにはそんな夢がたくさん詰まっています!


【写真下】
本日と明日の2日間ラブリーホールの職場体験学習に来てくれている秋定慧太郎君、上原龍一君、岡部颯斗君、房春樹君の4名の東中学校の生徒たち。毎年、ハロウィーンの時期に来てくれるので大助かりです。みんな、ていねいに洗って重たいかぼちゃをせっせと運んでくれました。他にもラブリーホールならではの舞台の仕事も体験して多くの事を学んだのではないでしょうか。その中から少しでも将来の進路に役立ててもらえたら幸いです。
10月22日(金)

このお菓子は「かぼちゃん」!実は明日23日に開催されるカブリモノ変心塾にて子どもたちに配るお菓子なんです。このイベントは色画用紙にクレパスで自由に描き、カブリモノを作ってみんなでお菓子をもらいに行きます。ラブリーホールから徒歩5分ほどのところにある洋菓子サヴァランさんにご協力いただいてこのような可愛いお菓子を提供していただいております。子ども達にとっては本当に嬉しい、楽しい瞬間がやってくるわけです。私たち大人はそんな子ども達の喜ぶ姿を見るためにワクワクしながら準備を進めます。この企画にご協力いただいている洋菓子サヴァランさんの伊藤さん、ほかスタッフの皆さま、本当に有難うございます!  洋菓子サヴァランさんの場所はこちら








10月23日(土)

さて、本日は待ちに待ったラブリーハロウィーンの「ランタン作り」の日!今年は猛暑と強風で苗が倒れた影響で予定より収穫数が少なく、募集も45名に限らせてもらいました。その為、参加チケットが早々に売り切れてしまい、その後も多数お問い合わせいただき、多くの皆さまにご迷惑をおかけした事を、この場を借りて深くお詫び申し上げます。収穫したかぼちゃも途中で傷んでしまって廃棄したものもあり、何とか無事に定員の数のかぼちゃを用意できた事にホッとしました。


【写真上】
かぼちゃをくりぬいて、完成と思いきや、サクラクレパスのピグマックスでペイントしています。この目を見てください!真剣そのものですよ〜!今年は、この男の子のように最後にペイントしている方が多かったです。


【写真中上】
姉弟だけで参加してくれました。小学校6年生のお姉ちゃんが弟を優しくサポートしていたのが印象に残りました。この写真はナイフで目を作っている所でした。上の写真の男の子と同じく真剣に取り組んでいるいる姿が素敵でした。



【写真中下】
家族3人で参加してくれました。この写真はお母さんが一生懸命掘っている所・・・。お父さんは中身を削り取って役目を終えたのでしょうか?女の子はその削りとった物をニギニギして遊んでいます。こうして親子一緒に共同作業で物を作る・・・見ていて本当に微笑ましい光景です。このイベントを開催して今年で4回目ですが、子ども達が楽しそうにしていると思いきや、お父さん、お母さんが一生懸命で本当に素敵な表情がたくさん見れてこのイベントを開催して本当に良かったと感じます。



【写真下】
今年も表情(?)が様々なランタンができあがりました。大きいオバケかぼちゃはアトリエTODAYさんが制作してくれたものです。かぼちゃのおしりの部分を鼻としてウサギを完成させるなんて・・・そしてツルの部分はシッポ・・・本当に見事です!本物のかぼちゃで作るランタンはこの様におおきさ、かたち、いろ、どれ一つと同じものが面白いです!
ライトアップするとこの様にかぼちゃの表情が浮き出て楽しくなりませんか?子ども達は自分のランタンがライトアップされて大喜び〜!何ともいえない表情でランタンと一緒に写真を撮っている姿にまたまた癒されました〜!来年はもっとたくさんのかぼちゃを栽培して子ども達の笑顔あふれる河内長野にしていきたいと思います!来年のランタン作りをお楽しみに〜!


このかぼちゃ栽培で多大なサポートをいただいた皆さま方にこの場を借りて感謝申し上げます!また、来年も引き続きご協力いただければ幸いです。





11月26日(金)

かぼちゃ畑からの報告は3ヶ月ぶりです!3ヶ月という月日はこんなにも畑の姿を変えてしまいました。この日
はマルチシートの撤去作業で、またまた菜園クラブの皆さまにお集まりいただきました。


【写真上】
この日は比較的暖かい日で11月末にしては良い作業日和です。菜園クラブの皆さまには朝の9時からお集まりいただいて、私が畑に到着する頃(遅刻?)には既に作業に取りかかられていました


【写真中】
お集まりいただいた菜園クラブの皆さま、本日は有難うございました。マルチシートを撤去しやすいように、先に草刈りを行っておりましたが、それでもかなりの力のいる作業・・・一人でやっていたら一日では終わらない作業でしたので本当に助かりました。
【今回ご参加いただいた菜園クラブの方々(敬称略)】
斉藤 晴美、船谷 和生、脇山 良規、麻植 陽子、青木 正信、渡辺 勇一、宮崎 明美、吉原 正彦、田中 驕A堀江 龍樹、藤田 真義、武内 律夫、山本 篤実、高村 紀偉子、厨子 肇、西村 宏己、明官 佐江子、鳥 文子、兼頭 郁夫、別所 忠、野中 亮次郎
以上、21
名の皆さま本当にお疲れさまでしたぁ〜! 


【写真下】
こちらの写真は日野地区の畑です。フルルガーデン倶楽部さんの皆さまが草刈り等の作業を終えて綺麗になっています。今年は準備万端で数多くの収穫を目指していたのですが、イノシシ被害で収穫できず・・・来年はイノシシ来襲(?)対策も考えながら栽培に取り組みたいと思います。途中まで順調に生長していただけあって、イノシシ被害は本当にくやしいぃぃ・・・!

2010年
過去のかぼちゃにっき
栽培にご協力いただいている方々
門林 秀昭 さん

現在、地域農業の発展と振興を目的とした農業研究会に所属され、また学校、地域等の農業体験学習のボランティア活動に精力的に取り組まれている市内専業農家の方です。
3年前にかぼちゃ栽培の相談をしたとき、快く引き受けていただき、また色々とアドバイスもいただいております。地域の為に色々なボランティア活動に参加されている河内長野をこよなく愛する人です。
菜園クラブ さん

 門林さんと同じく3年からご参加いただいて今年で4年目、ラブリーハロウィーンのかぼちゃ栽培にご協力いただいています。
南河内地区で農業に関するボランティア活動を始め、毎月定期的に勉強会を実施している農業をこよなく愛する人たち。


菜園クラブさんのホームページはこちら
フルルガーデン倶楽部 さん

 フルルガーデン倶楽部さんは大阪府立花の文化園に所属されており、栽培のご協力は昨年からいただきました。コンサートの日には焼きいもや花の苗の販売などや「フルルちゃん」の登場などでコンサートを大いに盛り上げてくれました。今年も色々とお世話になりますので宜しくお願いいたします!



フルルガーデン倶楽部さんのホームページはこちら

Copyright(c) 2002 - 2010 Lovely Hall All Rights Reserved.